注目のミャンマーへ投資する方法

ミャンマーは長期に渡って軍事政権が政治を支配してきていたため、国内の経済活動が停滞していた過去があります。
しかし、近年のミャンマーでは軍事独裁政権が終わり、民主化政策が強力に進められるようになっています。
その結果としてアメリカの経済制裁がなくなったことをきっかけとして、ミャンマーへ進出する外資系企業が増えている状況があります。
ミャンマーにおいては人件費が他東南アジア諸国より低いことから、今後は大きな経済発展を遂げていくことが予想されています。
そうした環境から、今はミャンマーへの投資にチャンスが生まれている状況が出ています。
日本の投資家がミャンマーへ投資をする方法としては、投資信託を活用することがまず頭に浮かぶかと思います。
しかし、日本ではミャンマーを投資対象国とする金融商品は、まだ販売されていない状況があります。
ミャンマーでは国内の証券市場の整備が始まったばかりとなっているからです。
しかし、ミャンマー関連企業の中にはタイやシンガポールなどの証券市場に上場しているところが存在しています。
そのため、日本の投資家でも海外へ上場しているミャンマー連関企業を購入することで、ミャンマーへの投資が実現できるようになってきます。
日本の一部のネット証券では多くの海外株の種類を取り扱うところがあるため、そのようなネット証券を活用することで海外へ上場しているミャンマー関連株を買うことが可能となります。
ミャンマーの証券取引所においては、数年前に日本の大手証券会社が協力をして作られた経緯があります。
そのため、将来はミャンマーの証券取引所と協力関係にある大手の証券会社で、ミャンマー株の売買が可能になってくることも考えられます。